【PR】





悪性の気よし


悪性の気よし
あくしょうのきよし

浮気や道楽などをする者は、
他人からは不良視されがちだが、気のよい者が多いということ。
悪気がなく、さっぱりしているので女にもてる。
「悪性」とは浮気者、道楽者のことで、
女性側の嫉妬心から出たことば。




                                                             | 良い性格 長所

麻の中の蓬


麻の中の蓬
あさのなかのよもぎ

環境が良いと、ほおっておいても、善良になるということ。
蓬は横に生長していく植物だが、
上に真っすぐに伸びる麻の中に植えれば、
麻と同じように真っすぐに育つ。
このように、人も善良な友人と交わるようにすれば、
自然と良い人間になるという意。
類義語、麻につるる蓬/芝蘭の室に入るが如し




                                                             | 良い性格 長所

過ちを観て仁を知る


過ちを観て仁を知る
あやまちをみてじんをしる

人はその人となりによって、過失の内容が違ってくる。
もしその過失が、本人の誠実さから出たものであれば、
むしろ過失を犯したその人自身が仁者であることを知る。
人が過失を犯したときは、十分に観察することが大切である。
「仁」は、他を思いやる心が強いという特質。




                                                             | 良い性格 長所

威あって猛からず


威あって猛からず
いあってたけからず

威厳は備わっているが、荒々しくはないということ。
上に立つ者としての理想的な人柄を言ったことば。
人格者の条件の一つで、調和が取れた理想的な性格のことをいう。
孔子の人格について弟子が語ったことば。




                                                             | 良い性格 長所

浮世渡らば豆腐で渡れ


浮世渡らば豆腐で渡れ
うきよわたらばとうふでわたれ

豆腐は四角四面できちんとした形だが、実際は柔らかい。
このように、外面は生真面目で物事のけじめをつけるとともに、
内面は柔軟性を保って事に処するのが賢明な世渡りをするコツだということ。





                                                             | 良い性格 長所

兎の登り坂


兎の登り坂
うさぎののぼりざか

得意分野で実力を発揮することのたとえ。
兎は前足が短く後足が長く、山なども駈け上がるのはお得意なので、
持ち前の力を振るうことができて、物事が早く進むたとえ。
反対語、兎の下り坂




                                                             | 良い性格 長所

氏より育ち


氏より育ち
うじよりそだち

家柄や血筋といったものより、
環境や育てられ方のほうが人間形成に深く関係するということ。
人間は素性もさることながら、教育や境遇が大切であるという意味。
同義語、生まれ付きより育ちが第一
対義語、氏素性は争われぬ




                                                             | 良い性格 長所

内に誠あれば外に形る


内に誠あれば外に形る
うちにまことあればそとにあらわる

心のなかに誠意があれば、それを強いて示さなくても
自然に言葉や動作に現れるものであるということ。




                                                             | 良い性格 長所

打てば響く


打てば響く
うてばひびく

働きかけると即座に反応するようす。
反応の素早いようす。
すぐに効果が現れること。
太鼓や鐘を叩けばすぐに音が返ってくることから。
「打てば響く、叩けば鳴る、当たれば砕く」と続けてもいう。
類義語、つうと言えばかあ
対義語、笛吹けど踊らず




                                                             | 良い性格 長所

怨みに報ゆるに徳を以てす


怨みに報ゆるに徳を以てす
うらみにむくゆるにとくをもってす

人からひどい仕打ちを受けても、怨んで報復するのではなく、
逆に恩恵を与えるほどの温かい心で接すること。
怨みには怨みで応じることはせずに恩徳で応じること。
類義語、仇を恩にして報ずる/仇を情にひきかえる
対義語、恩を仇で返す




                                                             | 良い性格 長所

江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ


江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ
えどっこはよいごしのぜにはつかわぬ

その日稼いだ金はその日に使ってしまって、
翌日に残さないという江戸っ子の気っぷのよさのたとえ。
金離れのよい江戸っ子気質(かたぎ)を表現したことば。
ここで言う江戸っ子は、主に職人のことで、
この当時の江戸は一大新開地であり、
日銭が入りやすかったことが背景にあるといえる。
同義語、江戸っ子は宵越しの金は持たぬ
反対語、江戸っ子の生まれ損い金を溜め




                                                             | 良い性格 長所

屋漏に愧じず


屋漏に愧じず
おくろうにはじず

たとえ人の目につかない場所でも身を慎み、
見られて恥ずかしいような行いをしないこと。
「屋漏」は、部屋の北西の隅の意味で、
家の最も奥まった所、または人に見られない所のこと。
「愧じず」は「恥じず」と同じ。
類義語、君子は独りを慎む/暗室に欺かず




                                                             | 良い性格 長所

己に克ち礼に復る


己に克ち礼に復る
おのれにかちれいにかえる

欲望に打ち勝って、
人間として守るべき正しい道にしたがって行動すること。
人間がその人格を高めるための手段。
四字熟語、克己復礼(こっきふくれい)




                                                             | 良い性格 長所

己を虚しうす


己を虚しうす
おのれをむなしうす

我(が)を捨てて、謙虚な態度で事に当たること。
この反対が我を張る、我を通すであり、
我を張り我を通すと、人と対立ができて争いが生じ、
やがて身を滅ぼすようになるが、
我を棄て、謙虚な態度で、人のいうことを聞き入れると
対立も生ぜず、争いも起こらず、
良い人間関係が築けて円満にやっていけるということ。




                                                             | 良い性格 長所

思い邪なし


思い邪なし
おもいよこしまなし

思っていることに邪念がなく、純粋で偽りがないこと。
心が素直で飾るところがなく、邪悪な考えがまったくないこと。
孔子が「詩経」を論評していったことば。




                                                             | 良い性格 長所

及ばざるは過ぎたるに勝れり


及ばざるは過ぎたるに勝れり
およばざるはすぎたるにまされり

物事は、不足なくらいのほうが、過ぎるよりよいということ。やり過ぎたものを元に戻して修復するのは困難であるが、不十分であればこれから手を施すことができるので始末が良いということから。
また、人として出過ぎるよりは少し謙虚な方が良いという意味もある。
徳川家康遺訓といわれるものの一つ。
同義語、及ばざるは過ぎたるより勝れり
類義語、過ぎたるは猶及ばざるが如し





                                                             | 良い性格 長所

恩報じは出世の相


恩報じは出世の相
おんほうじはしゅっせのそう

恩義を感じ、報いるのに誠をもってするものは必ず出世する。
そうした真ごころは人々に認められるもので、人柄はおのずと人相にも現れる。
反対語、恩知らずは乞食の相





                                                             | 良い性格 長所

恩を以て怨みに報ず


恩を以て怨みに報ず
おんをもってうらみにほうず

怨みのある者に対して、仕返しをするのではなく、広い心で恩徳をもって報いる事。
同義語、怨みに報ゆるに徳を以てす/徳を以って怨みに報ず
対義語、恩を仇で返す





                                                             | 良い性格 長所

河海は細流を択ばず


河海は細流を択ばず
かかいはさいりゅうをえらばず

黄河や大海はどんなに小さな川の流れでもすべて受け入れるため、大きな川や深い海となり得たということから、大事業を成し遂げる者は、どんな人でも分け隔てなく受け入れる度量の広さを持つというたとえ。
類義語、大海は芥をを選ばず/泰山は土壌を譲らず





                                                             | 良い性格 長所

難きを先にし獲るを後にす


難きを先にし獲るを後にす
かたきをさきにしうるをのちにす

難しく困難な仕事をまず行い、自分の利益になることは後回しにすること。
また、そういう態度のこと。
論語の「仁者は難きを先にして獲ることを後にす」から。
仁徳を備えた人は、いやなことをまず自分から進んで実行し、報酬は後回しにするということ。
四字熟語、先難後獲(せんなんこうかく)





                                                             | 良い性格 長所
【PR】