【PR】





秋荒れ半作


秋荒れ半作
あきあれはんさく

秋になり稲などの農作物の収穫期に天候が荒れると、
作物の収穫は半分に減ってしまうということ。
類義語、秋日和半作




                                                             | 天候 自然 現象

秋風が吹く


秋風が吹く
あきかぜがふく

秋に吹く風が肌寒く冷めたいことから
(転じて)
熱かった男女間の愛情が冷めてしまうことをいう。
「秋」と「飽き」を掛けた言葉。
類義語、秋風が立つ。




                                                             | 天候 自然 現象

秋風と夫婦喧嘩は日が入りゃ止む


秋風と夫婦喧嘩は 日が入りゃ止む
あきかぜとふうふげんかは ひがいりゃやむ

秋風というのは、日暮れになると静まるのが普通である。
それと同様に夫婦喧嘩も夜になり、
就寝前には大抵収まってしまうとの意。
類義語、夫婦喧嘩と北風は夜凪(な)ぎする




                                                             | 天候 自然 現象

秋の雨が降れば猫の顔が三尺になる


秋の雨が降れば 猫の顔が三尺になる
あきのあめがふれば ねこのかおがさんじゃくになる

秋雨は南から暖気が流れ込んで気温が上ってくる。
だから秋は晴れの日よりも雨の日のほうが比較的暖かいので、
寒がりの猫がのんびり顔を長くして喜ぶということ。
三尺は1メートル弱だが、
ここでは猫がよろこんで顔を長くするとの形容。
類義語、冬の雨が降れば猫の顔が三尺のびる




                                                             | 天候 自然 現象

秋の入り日と年寄りは落ち目がはやくなる


秋の入り日と年寄りは 落ち目がはやくなる
あきのいりひととしよりは おちめがはやくなる

夏の日長にかわり秋が深まるにつれて日没は
日に日に早くなるように、老人も年をとるごとに
従って衰えが目に見えて早くなるものである。
年々衰えの早くなる年寄りの健康状態を、
あっという間に落ちていく秋の日没に例えて言った言葉。




                                                             | 天候 自然 現象

秋の空は七度半変わる


秋の空は七度半変わる
あきのそらはななたびはんかわる

秋の空模様はたびたび変りやすい事から、
心の変りやすい事をたとえたことば。
類義語、女心と秋の空。男心と秋の空。




                                                             | 天候 自然 現象

秋の日と娘の子はくれぬようでくれる


秋の日と娘の子はくれぬようでくれる
あきのひとむすめのこはくれぬようでくれる

秋の日はなかなか暮れないようでいて、急に日暮れになってしまう。
娘も両親が大切にしていて、なかなか手放さない様に見えて、
申し込むと案外簡単にくれるものであるということ。
「くれる」は「暮れる」と与える意味の「呉れる」のかけことば。
反対語、一人娘と春の日はくれそうでくれぬ。




                                                             | 天候 自然 現象

秋の夕焼け鎌をとげ秋の朝照り隣へ行くな


秋の夕焼け鎌をとげ 秋の朝照り隣へ行くな
あきのゆうやけかまをとげ あきのあさでりとなりへいくな

美しい秋の夕焼けは、翌日が晴天になるしるしなので、
鎌をといで畑仕事のしたくをするのが良いし、
秋の朝焼けは、雨になるしるしだから、
となり近所へ行くのも取りやめたほうが良いということ。
類義語、夕焼けは晴朝焼けは雨。




                                                             | 天候 自然 現象

朝雨と女の腕まくり


朝雨と女の腕まくり
あさあめとおんなのうでまくり

朝の雨はすぐにあがるものだから、
心配はないということ。
女が腕まくりをして気勢を示しても、
朝の雨のように長続きはしないもの。
だから、どちらも恐れるに足りないということ。
類義語、朝雨に傘いらず。朝の雨は晴れの兆し。




                                                             | 天候 自然 現象

朝雨に傘いらず


朝雨に傘いらず
あさあめにかさいらず

朝のうちに降り出した雨はすぐに上がってしまうから、
出かけるときに傘を持っていく必要がないということ。
類義語、朝の雨は晴れの兆し。朝雨と女の腕まくり。




                                                             | 天候 自然 現象

朝虹は雨夕虹は晴れ


朝虹は雨 夕虹は晴れ
あさにじはあめ ゆうにじははれ

朝に虹が出ればやがて雨がふり、
夕方に虹が出れば翌日は晴れる前兆であるということ。
類義語、朝虹傘忘るな。朝虹に川越すな。
晩の虹は江戸へ行け、朝の虹は隣へ行くな。




                                                             | 天候 自然 現象

朝のぴっかり姑の笑い


朝のぴっかり姑の笑い
あさのぴっかりしゅうとめのわらい

朝日がさんさんとさして上天気なのと、姑のにこにこと
機嫌の良い笑顔は、変わりやすくてあてにならない事のたとえ。
天候に限らず、最初に調子の良いものほど
警戒しなければならないものである。
類義語、朝日のちゃっかり姑のにっこり。
朝照りと姑婆のにこにこ顔。朝のちゃっかり油断するな。




                                                             | 天候 自然 現象

朝日が西から出る


朝日が西から出る
あさひがにしからでる

とうていあり得ないことのたとえ。
太陽が西から昇ることなど絶対にないことから、
(転じて)
あり得ないことや、理屈に合わないことのたとえ。
類語、石が流れて木の葉が沈む 石に花咲く




                                                             | 天候 自然 現象

朝焼けは雨夕焼けは日和


朝焼けは雨夕焼けは日和
あさやけはあめゆうやけはひより

朝方、空が晴れて日が出ていても、
東の空が赤く染まるのは雨が降りだす前兆であり、
その逆で、曇ったり雨が降ったりしても、
夕方に西の空が晴れて美しい夕焼けが出ると、
翌日晴れる前兆だということ。
類義語、夕焼けに鎌を研げ。




                                                             | 天候 自然 現象

明日は明日の風が吹く


明日は明日の風が吹く
あしたはあしたのかぜがふく

明日の事は明日考えればよい、将来の不安や先のことを
思い悩むよりは、成り行きに任せて生きよということ。
明日になれば今日とは違った風が吹くという意から。
無駄な取越苦労はせずに、
その時になってから心配しても遅くはない。
くよくよ考えずに開き直ることで、
不遇の身から変った運命が訪れるかも知れぬと言う励ましのことば。
また、本来は明日に希望を託するように励ますことばだったが、
今では、明日のことは明日の運に任せて、
現在を十分に楽しむほうがよい、
なるようになるという意味合いで使われることが多い。
類義語、明日の事は明日案じよ。明日は明日の神が守る。




                                                             | 天候 自然 現象

明日は雨降り他人は泥棒と思え


明日は雨降り 他人は泥棒と思え
あすはあめふり たにんはどろぼうとおもえ

油断は禁物であるということ。
明日もし雨でも困らないように用意を忘れず、
見知らぬ人には一応警戒するに越したことはない。
何事にも用心深く慎重に立ち向かってこそ、
失敗せずに成功するものである。
類義語、人を見たら泥棒と思え




                                                             | 天候 自然 現象

遊んでいる日は暮れるに早い


遊んでいる日は暮れるに早い
あそんでいるひはくれるにはやい

遊びほうけていると、夢のように時間がたっていく。
気が付けばいつの間にか日が暮れて夜になっているということ。
夢中で遊んでいるときは時間の観念すらなくなるものである。
反対語、待ってる時間は長い




                                                             | 天候 自然 現象

当たるものは風ばかり


当たるものは風ばかり
あたるものはかぜばかり

行く手をさえぎるものは何ひとつない、
意気揚々として得意満面のありさま。
しいて当たるものといえば、
爽やかな春風くらいのものということ。
前途洋々である状態をいう。




                                                             | 天候 自然 現象

暑さ寒さも彼岸まで


暑さ寒さも彼岸まで
あつささむさもひがんまで

彼岸は春と秋にそれぞれあり、
春分の日と秋分の日を中日として前後七日間をいう。
春の彼岸になれば余寒も薄らぎ、
秋の彼岸になれば残暑も衰えてきて、
いずれもそのころから過ごしやすい気候になるということ。
類義語、暑い寒いも彼岸ぎり




                                                             | 天候 自然 現象

穴蔵で雷聞く


穴蔵で雷聞く
あなぐらでかみなりきく

程度を越えて用心深いことのたとえ。
雷が鳴ると蚊帳の中に潜り込むくらいのことならまだしも、
穴蔵に逃げ込むのは臆病者のすることだということから。
用心深さをいうよりも、臆病者をあざけるのに近いことば。




                                                             | 天候 自然 現象

雨蛙が鳴くと雨


雨蛙が鳴くと雨
あまがえるがなくとあめ

有名な天気予報のことわざ。
アマガエルは、葉っぱの上などによくいる、緑色の小型の蛙で、
昔の人が、雨の前によく鳴くことから、雨蛙と名付けたとされる。
雨蛙がよく鳴いた翌日に雨が降る割合は
3割から4割程度といわれている。




                                                             | 天候 自然 現象

雨垂れ石を穿つ


雨垂れ石を穿つ
あまだれいしをうがつ

軒にしたたる雨のしずくのようなわずかな水でも、
長い間同じ所に落ちていると、いつかは石に穴をあけてしまう。
(転じて)
どんなに小さな努力でも、続けていれば大きな成果となる。
たとえ微力でも根気よく継続すれば、
大きな仕事をなし遂げることができる。
同義語、水滴りて石を穿つ 点滴(てんてき)石を穿つ
類義語、牛の歩みも千里




                                                             | 天候 自然 現象

網の目に風とまらず


網の目に風とまらず
あみのめにかぜとまらず

風を防ぐために網を張ったとしても、
網の目から風が吹き抜けてしまう。
そこから、やり甲斐のないこと、無駄なことのたとえ。
類義語、蜘蛛の網に風たまらず 籠で水を汲む




                                                             | 天候 自然 現象

網の目に風とまる


網の目に風とまる
あみのめにかぜとまる

あるはずがないこと、不可能なことのたとえ。
風は網の目を吹き抜けてしまうのが当然の事なのに、
網の目でとまるということで、あり得ないことのたとえにいう。
また、常識ではあり得ないことが起こった時にもいう。
同義語、網の目に風たまる
類義語、雨の夜にも星 雨夜の月




                                                             | 天候 自然 現象

雨の降る日は天気が悪い


雨の降る日は天気が悪い
あめのふるひはてんきがわるい

わかりきった事のたとえ。
ごく当たり前の事をもっともらしく言うときにつかうことば。
また、そのようなことを言う人に対し、皮肉を込めてつかうこともある。
類義語、犬が西向きゃ尾は東 兄貴は俺より年が上




                                                             | 天候 自然 現象

雨は花の父母


雨は花の父母
あめははなのふぼ

雨の恵みで芽が育ち、花が咲くということから。
雨は花の両親のようなものだということ。




                                                             | 天候 自然 現象

雨は天から涙は目から


雨は天から 涙は目から
あめはてんから なみだはめから

涙は女にとって最大の武器ともいうが、
涙をながす女を前にした男が、
雨は天から降るし、涙は目から出ると決まったもの、
だからいくら泣いても平気だと言う、
強がる気持ちを言ったことば。
また、そう考えないとどうしようもないことにもいう。




                                                             | 天候 自然 現象

雨晴れて笠を忘れる


雨晴れて笠を忘れる
あめはれてかさをわすれる

雨が上がると、それまで使っていた
笠や雨具のありがたみを忘れてしまいがちであることから、
苦しいことや災難が過ぎると、
そのとき助けてくれた人のありがたみをつい忘れてしまうということ。
類義語、暑さ忘れりゃ陰忘れる 魚を得て筌を忘る 
喉元過ぎれば熱さを忘れる




                                                             | 天候 自然 現象

雨降って地固まる


雨降って地固まる
あめふってじかたまる

雨が降る前より降った後のほうが、地面が固く締まることから、
(転じて)
いざこざやもめ事の後のほうが、かえって円満に物事が納まり、
よい結果を生むことになるたとえ。
類義語、いさかいの果てのこの契り 
雨のあとは上天気 嵐のあとの凪ぎ




                                                             | 天候 自然 現象

危うきこと朝露の如し


危うきこと朝露の如し
あやうきことちょうろのごとし

人の運命や生命が、極めて危険な状態にあることのたとえ。
また、日が出ると乾いて消えてしまう朝露のように、
人の命ははかないものであるということ。




                                                             | 天候 自然 現象

嵐の前の静けさ


嵐の前の静けさ
あらしのまえのしずけさ

台風や暴風雨が襲う時、大荒れになる直前に
風が止まって静寂が訪れることから、
紛争や動乱、または大事件が起きる前に感じる
不気味な静けさをたとえたもの。
また、人が怒りを激発させる前の抑えた状態でも使う。




                                                             | 天候 自然 現象

阿波に吹く風は讃岐にも吹く


阿波に吹く風は讃岐にも吹く
あわにふくかぜはさぬきにもふく

風俗や流行が、一つの土地から他の土地につたわって
移って行くことをいったことば。
阿波に風が吹けば、その風が隣の讃岐にも吹くことから。
隣り合わせた二つの土地、四国の「阿波(徳島)」と
「讃岐(香川)」を例にしていったもの。
また、組織などで、上位の者の行いを下位の者が
真似したりする場合にもいう。




                                                             | 天候 自然 現象

石が浮かんで木の葉が沈む


石が浮かんで木の葉が沈む
いしがうかんでこのはがしずむ

沈むはずの石が浮かんで、浮くはずの木の葉が沈むというように、
物事が道理と逆になることのたとえ。
世の中が理不尽であることを嘆くことば。
同義語、石が流れて木の葉が沈む/朝日が西から出る





                                                             | 天候 自然 現象

一寸の光陰軽んずべからず


一寸の光陰軽んずべからず
いっすんのこういんかろんずべからず

人の一生は短いものだから、
少しの時間でも無駄に過ごしてはいけない。
また、寸暇を惜しんで勉学に励めということ。
「光陰」は時間。「光」は昼、日、「陰」は夜、月の意味。
朱熹(しゅき)の「少年老い易く学成り難し、
一寸の光陰軽んずべからず」から。
類義語、光陰矢の如し/光陰人を待たず/
歳月人を待たず




                                                             | 天候 自然 現象

いつも月夜に米の飯


いつも月夜に米の飯
いつもつきよにこめのめし

毎晩明るくて贅沢な食事ができれば申し分ないということ。
昔は明るい照明など無く、
米の飯は貴重で庶民にとっては最高のご馳走だった。
月夜と白いご飯が毎日続けばいいが、
なかなかそうはいかないということ。
また、こんな状態ならいつまで続いても飽きないだろう
という意味でも使う。




                                                             | 天候 自然 現象

稲妻や昨日は東今日は西


稲妻や昨日は東今日は西
いなずまやきのうはひがしきょうはにし

晩夏に多く発生する稲妻の素早さ、変化、
凄烈さの情景を表現したことばで、
江戸座主宰の榎本其角(えのもときかく)の句から。
世の中の移り変わりの激しいことを言いあらわすときに引用される。




                                                             | 天候 自然 現象

入り日よければ明日天気


入り日よければ明日天気
いりびよければあすてんき

夕日が美しければ翌日はよい天気になる。
美しい夕日が見えるということは、西の空は晴れているわけで、
天気は西から東へ移っていくのだから、
明日の好天気を示すことになる。
類義語、夕焼けは晴れ/入り日赤いは照り続く




                                                             | 天候 自然 現象

入り船の逆らうは出船の順風


入り船の逆らうは出船の順風
いりふねのさからうはでふねのじゅんぷう

入ってくる船に逆風なら、出て行く船には追風であることから、
一方に利になれば他方には不利になるというたとえ。
同義語、入船に良い風出船に悪い




                                                             | 天候 自然 現象

魚が水面に出て呼吸していると雨


魚が水面に出て呼吸していると雨
うおがすいめんにでてこきゅうしているとあめ

天気のいい日が続くと、水中の酸素が減ってくるので、
魚は水面に出て呼吸するのだという。
それほどいい天気が続いたのだからもうすぐ雨になるということ。
魚と天候との関連性がほとんど無く、
あてには出来ない天気予報のようだ。




                                                             | 天候 自然 現象

雨後の筍


雨後の筍
うごのたけのこ

雨の降った後では筍があちこちにたくさん生えてくることから、
同類の物が相次いで現れることのたとえ。
また、同じような物事が次々に発生することにもいう。
なお、タケノコは成長が早くグングン伸びることから、
成長が早いことの意で使うのは誤り。




                                                             | 天候 自然 現象

烏兎


烏兎
うと

太陽と月のこと。
さらに、月日や歳月のこと。
「金烏玉兎(きんうぎょくと)」の略で、
太陽には三本足の金の烏(からす)、
月には玉(ぎょく)でできた兎(うさぎ)が住むという中国の伝説から。
「烏兎匆匆(うとそうそう)」というと、月日のたつのは早いという意味。




                                                             | 天候 自然 現象

鱗雲が出た翌日は雨か風


鱗雲が出た翌日は雨か風
うろこぐもがでたよくじつはあめかかぜ

青空に魚のウロコのような雲が点々と白く出ることがある。
いわし雲などとも呼ばれる巻積雲(けんせきうん)で、
低気圧の前面に現われる事が多く、
その翌日あたりから天気はくずれるということ。




                                                             | 天候 自然 現象

煙霞の痼疾


煙霞の痼疾
えんかのこしつ

自然の風景を愛する心が非常に強いこと。
また、自然の美しい風景に魅せられて、
旅に出ることが病みつきになった状態を持病になぞらえたことば。
「煙」は、かすみ・もや。「霞」は、朝焼け・夕焼けの美しい雲。
「煙霞」は、かすみやもやのかかった美しい風景。
「痼疾」は、なかなか治らない病気。持病。
同義語、煙霞の癖(へき)




                                                             | 天候 自然 現象

大河を手で堰く


大河を手で堰く
おおかわをてでせく

出来ないことのたとえ。
大きな川の流れを手で堰き止めようとすることから、
無謀で不可能な方法のたとえ。
類義語、大海を手で塞(ふさ)ぐ/
大空の星を竿で落とす/大山の崩れを線香で支える




                                                             | 天候 自然 現象

大きな家には大きな風


大きな家には大きな風
おおきないえにはおおきなかぜ

人にはそれぞれ境遇に応じた悩みがあるということ。
家が大きいとそれなりに吹き付ける風当たりも強いというわけで、
金持ちには金持ちの悩みがあることのたとえ。
また、仕事などの規模が大きければ、よきにつけあしきにつけ、
何事も大がかりになるという意味でも使う。
類義語、大きな所には大きな風が吹く/海大なれば嵐も強し




                                                             | 天候 自然 現象

大雪は豊作の兆し


大雪は豊作の兆し
おおゆきはほうさくのきざし

大雪が降ると越冬する害虫の卵も死滅して少なくなる。
灌漑(かんがい)の水は多くなる。
これらは作物にとって生育のよい条件であり、
豊作に結びつくことからいったことば。
ただし実際には冷水害をうけたり、苗代の用意が遅れるなど、
一概によい条件とはいいがたい。




                                                             | 天候 自然 現象

落ちれば同じ谷川の水


落ちれば同じ谷川の水
おちればおなじたにがわのみず

雨・霰(あられ)・雪・氷というように水はさまざまな形態を取るが、
最終的には谷川を流れる水と同じになることから。
人間も高下や貧富の差などといった境遇の違いがあっても、
死ねば土になるというたとえ。
また、出発点は違っていても、行き着くとこは同じであるということ。
「雨霰雪や氷と隔(へだ)つらん落つれば同じ谷川の水」一休禅師の和歌から。




                                                             | 天候 自然 現象

夫の心と川の瀬は一夜に変わる


夫の心と川の瀬は一夜に変わる
おっとのこころとかわのせはいちやにかわる

川の瀬は流れが早くて一夜にして様子が変わる。
そのように、男の愛情も変わりやすいことをいったことば。
同義語、男の心と川の瀬は一夜に変わる
類義語、男心と秋の空




                                                             | 天候 自然 現象

同じ川の流れをむすぶ


同じ川の流れをむすぶ
おなじかわのながれをむすぶ

「むすぶ」は、両手で水をすくう動作。
同じ流れの川の水を口にもっていって飲むことから、
同じ事柄に関係して縁が深いことのたとえ。




                                                             | 天候 自然 現象

親の罰と小糠雨は当たるが知れぬ


親の罰と小糠雨は当たるが知れぬ
おやのばちとこぬかあめはあたるがしれぬ

親不孝の報いは、いつとはなしに受けるということ。
小糠雨は霧のように細かく降る雨で、あまり気にしないでいると、
いつの間にかびっしょり濡れていることから。





                                                             | 天候 自然 現象

河海は細流を択ばず


河海は細流を択ばず
かかいはさいりゅうをえらばず

黄河や大海はどんなに小さな川の流れでもすべて受け入れるため、大きな川や深い海となり得たということから、事業を成し遂げる者は、どんな人でも分け隔てなく受け入れる度量の広さを持つというたとえ。
類義語、大海は芥をを選ばず/泰山は土壌を譲らず





                                                             | 天候 自然 現象

嬶天下にからっ風


嬶天下にからっ風
かかあでんかにからっかぜ

上州(群馬県)名物と言われる嬶天下と、からっ風の二つを並べて、上州人の気質や風土性を言ったことば。
「嬶天下」は、妻が家庭の実権を握っている家庭のこと。
「からっ風」は、主に山を越えて吹きつける下降気流のことで、
群馬県では冬に見られる北西風を「上州のからっ風」「赤城おろし」とも呼び、上州名物の一つとされている。
なお、本来は「夫が出かけている間の家を、からっ風などから守る強い妻」や「うちのかかあは働き者で天下一」という意味であった。





                                                             | 天候 自然 現象

陽炎稲妻水の月


陽炎 稲妻 水の月
かげろう いなずま みずのつき

形は見えても自分の手でとらえることのできないもの、実態のないもののたとえ。
類義語、陽炎稲妻月の影





                                                             | 天候 自然 現象

頭に霜を戴く


頭に霜を戴く
かしらにしもをいただく

白髪を白い霜にたとえ、
頭髪が白髪になったようすを形容することば。
同義語、頭に雪を戴く/霜を置く





                                                             | 天候 自然 現象

霞に千鳥


霞に千鳥
かすみにちどり

霞は春のもの、千鳥は冬のものなのであり得ない取り合わせであることから。
ふさわしくないこと、ありえないことのたとえ。
または、実際にはないことのたとえ。





                                                             | 天候 自然 現象

風蕭々として易水寒し


風蕭々として易水寒し
かぜしょうしょうとしてえきすいさむし

風はひゅうひゅう吹き荒れ、易水の川の流れは冷たく寒いということ。
悲壮感を表現するときに使うことば。
燕(えん)の太子に頼まれ、秦の始皇帝を暗殺しに出かけた荊軻(けいか)が、易水のほとりで見送りの太子らに二度と帰らぬ決意を歌った詩の一節。
「風蕭蕭として易水寒し、壮士ひとたび去ってまた還らず」より。





                                                             | 天候 自然 現象

風に櫛り雨に沐う


風に櫛り雨に沐う
かぜにくしけずりあめにかみあらう

櫛のかわりに風で髪をとかし、雨にぬれることで水浴びに代えるという意。
(転じて)
風雨にさらされながら走り回って、さまざまな苦労を体験すること。
仕事のために東奔西走し、非常に苦労する事のたとえ。
四字熟語、櫛風沐雨(しっぷうもくう)





                                                             | 天候 自然 現象

風に順いて呼ぶ


風に順いて呼ぶ
かぜにしたがいてよぶ

風上から風下に向かって呼べば声がよく届き、はっきり聞こえることから、勢いに乗じて物事を行えば容易に成功するというたとえ。
類義語、得手に帆を上げる/流れに棹さす




                                                             | 天候 自然 現象

風に柳


風に柳
かぜにやなぎ

しなやかな柳の枝が風に従ってなびくように、相手に少しも逆らわないこと。
そのように、相手に逆らわなければ災いを受けないということから、相手の怒りなどをさらりとかわして上手に受け流すことのたとえ。
なお、手応えがない、効き目がない、といった意味合いで使うのは誤り、その場合は「糠に釘」「暖簾に腕押し」といったたとえを用いる。
また、人の意見を心に留めず聞き流すことの意味で使うのも誤り、その場合は「馬耳東風」を用いる。
同義語、柳に風/柳に風と受け流す/柳と受ける
類義語、豆腐に鎹/糠に釘/暖簾に腕押し/馬の耳に風





                                                             | 天候 自然 現象
【PR】