【PR】


【PR】





狐が下手の射る矢を恐る


狐が下手の射る矢を恐る
きつねがへたのいるやをおそる

下手な者の射る矢はどこへ飛んでくるか分からないので、賢い狐もどこへ逃げていいのか迷ってしまう。
そこから、素人は何をしでかすかわからないので、かえって厄介であるということ。
また、ものの道理が分からず、無茶で常識のない人間が一番こわいということ。
同義語、下手の射る矢は恐ろしい







                                                             | 運が悪い 不幸 災難
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。