【PR】





邯鄲の夢


邯鄲の夢
かんたんのゆめ

人間の一生は短く、栄枯盛衰(えいこせいすい)などは、夢のようにはかなくむなしいというたとえ。
中国の唐の時代、趙(ちょう)の都 邯鄲にきた青年盧生(ろせい)は、仙人から栄華が思いのままになるという枕を借りて眠ったところ、出世をし栄華をきわめる夢をみたが、ふと目覚めると、炊きかけの黄梁(こうりょう/あわの事)が、まだ煮えていないほどの短い間であった。
人生は一場の夢のようにはかなく、栄達や栄華のむなしさを悟ったという故事から。
同義語、邯鄲の枕/邯鄲夢の枕/盧生の夢/黄粱一炊の夢/黄粱の夢/一炊の夢





                                                             | 運命 人生 境遇
【PR】