【PR】





邯鄲の歩み


邯鄲の歩み
かんたんのあゆみ

自分本来のものを捨ててむやみに他人の真似ばかりしていると、
中途半端になってどちらも身につかないというたとえ。
中国燕(えん)の国の少年が、趙(ちょう)の都の邯鄲へ行き、
そこで目にした人々の優雅な都会風の歩き方を真似たが、
自分のものに出来ないうちに、本来の歩き方までも忘れてしまい、
腹ばいになって故郷に帰ったという故事から。





                                                             | 成功 失敗
【PR】