【PR】





画竜点睛を欠く


画竜点睛を欠く
がりょうてんせいをかく

ほとんど完成しているが最後の仕上げが不十分で、全体に精彩がないことのたとえ。
「画竜点睛」は「竜を画(えが)いて睛(ひとみ)を点ず」ともよみ、
物事を完成するための最も大切な部分の、最後の仕上げのこと。
また、その一事で一気に全体がひきたつような効果のことをいう。
「画竜点睛を欠く」とは、最後の仕上げが不十分であることをいう。
また、全体を引き立たせる最も肝心なところが抜けていること。
「画竜」は「がりゅう」とも読み、絵にかいた竜のこと、
「点睛」は、ひとみを入れることの意。
中国梁(りょう)の時代、張僧縣(ちょうそうよう)という画僧が、
金陵(きんりょう/南京のこと)の安楽寺の壁に二匹の竜の絵を書き、このうち一匹の竜に瞳を入れるとたちまち本物となり、天に昇ったという故事から。





                                                             | 成功 失敗
【PR】