【PR】





鼎の沸くが如し


鼎の沸くが如し
かなえのわくがごとし

鼎の中で煮え立つ湯のように、多くの人が騒ぎ立てて収まりがつかないありさま。
会議の席などで激しく言い争い混乱して騒がしいさまなどのたとえ。
また、物事がもつれて紛糾すること。
「鼎」は食物を煮るための三本足の銅器で、権力の象徴とされた。
類義語、口角泡を飛ばす/議論百出/侃侃諤諤/蜂の巣を突付いたよう





                                                             | 人物 人々 群集
【PR】