【PR】





鹿島立ち


鹿島立ち
かしまだち

旅に出ること。遠く旅立つこと。門出。
鹿島神宮と香取神宮の祭神が天孫降臨(てんそんこうりん)に先立って鹿島(今の茨城県)を出発して国土を平定したという伝説から。
または、防人(さきもり)や武人が前線に出かける前に鹿島神宮に参拝する習慣があったという言い伝えから出たことばとされる。





                                                             | 場所
【PR】