【PR】





韓信の股くぐり


韓信の股くぐり
かんしんのまたくぐり
将来に大望をいだく者は、目前の恥辱などは耐え忍ぶべきだということ。
「韓信」とは、中国漢の天下統一に功績のあった名将。
韓信が将来に大志を抱いていた若いころ、町でならず者に喧嘩を売られた時に我慢して争うことを避け、言われるままに股の下をくぐらされるという辱めを受けたという故事による。
四字熟語、韓信匍匐(かんしんほふく)





                                                             | 尊敬
【PR】