【PR】





和氏の璧


和氏の璧
かしのへき/かしのたま

すばらしい宝玉のこと。
世にもまれな宝物の意。
中国の春秋時代・戦国時代の故事にあらわれた古の宝石の名。
楚の卞和(べんか)が、山中で宝石をみつけ楚の氏iれい)王に献じたが、宝石ではなくただの石だと見られ左足を切られた。
次の武王に献じたときも同様の理由で右足を切られた。
やがて文王の時代になり、卞和のことを耳にした文王が、使者をやってこの石を磨かせたところ、本当に宝石であるとようやく認められたという故事による。
「和氏」は人名で、楚の卞和のこと
「璧」は、平たくて中に穴があいたドーナツ型の玉。
後に十五の城ほどの価値がある璧だという意で「連城の璧」と称されるようにもなった。
また、完全無欠という意味の「完璧」ということばの語源となった宝玉。
同義語、連城の璧/卞和の璧





                                                             | 誉め言葉
【PR】