【PR】





鼎の軽重を問う


鼎の軽重を問う
かなえのけいちょうをとう

権力者や権威者などがほんとうにそれなりの実力や能力を持っているのかと軽んじて疑うこと。
また、あわよくば上位者の権威や地位を自分が取ってかわろうとする野心のあること。
「鼎」は食物を煮るための三本足の銅器で、権力の象徴とされた。
中国楚の荘王が無礼にも周王室に伝わる宝物の鼎について大小や軽重を質問したという故事から。
現在では、単にその人の能力の有無を問うという意味にも用いられる。





                                                             | 国家 社会 世間
【PR】