【PR】





兜を脱ぐ


兜を脱ぐ
かぶとをぬぐ

相手の力にとてもかなわず「参りました」と敗北を認め、戦意を失って降参すること。
戦いに敗れて相手の軍門に下るとき、敵の面前で弓の弦を断ち、兜を脱いで敗北を認める意思表示をしたことから。
また、相手が自分より能力が上であることを認めるときにもいう。
なお、「胄を脱ぐ」とも書く。





                                                             | 戦闘 防御 策略
【PR】