【PR】





火牛の計


火牛の計
かぎゅうのけい

牛の角に刀の刃を上に向けて結び付け、油をかけた葦を尾に結んで点火して、その牛を敵軍にに放ち、それに乗じて敵を攻める法。
中国戦国時代、斉(せい)の田単(でんたん)が考えたとされる兵法。





                                                             | 戦闘 防御 策略
【PR】