【PR】





片棒を担ぐ


片棒を担ぐ
かたぼうをかつぐ

駕籠は二人一組で前と後ろのそれぞれ一方の棒を担いで行う仕事。
「片棒」は駕籠を担ぐ二人のうちの片方のこと。
駕籠かきが時に二人で結託して、追いはぎまがいのことをしたことから、多くは悪い企てに加担することに言う。

なお、良い意味で仕事や計画などの仲間に加わるような場面で使うのはふさわしくない。





                                                             | 勘違い 誤用
【PR】