【PR】





果報は寝て待て


果報は寝て待て
かほうはねてまて

幸運は求めても人の力で得られるものではない。焦って動き回ったりせず、気長に待っていればそのうち自然とやって来るということ。
「果報」とは、仏教語で前世での行いの結果として現世で受ける報いのこと。
(転じて)運に恵まれて幸福なことをいう。
なお、「寝て待て」といっても、怠けていても良いという意ことではなく、
人事を尽くした後は気長に良い知らせを待つしかないということ。
同義語、運は寝て待て/福は寝て待て
類義語、石の上にも三年/待てば海路の日和あり/人事を尽くして天命を待つ
対義語、運を待つは死を待つに等しい/蒔かぬ種は生えぬ





                                                             | 運が良い 幸福 果報
【PR】