【PR】





禍福は糾える縄の如し


禍福は糾える縄の如し
かふくはあざなえるなわのごとし

不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりするもので、それはまるでより合わせた縄のように、災厄と幸運とは表裏一体をなしていて、代わる代わるやってくるということ。
また、幸福と不幸や成功と失敗などは、表裏をなしてめまぐるしく変化するもので、一時のそれに一喜一憂しても仕方がないということ。
同義語、吉凶は糾える縄の如し
類義語、塞翁が馬/沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり/楽は苦の種苦は楽の種/上り坂あれば下り坂あり





                                                             | 運が良い 幸福 果報
【PR】