【PR】





思い面瘡思われ面皰


思い面瘡思われ面皰
おもいおもくさおもわれにきび

年ごろになって人を恋しく思ったり、誰かから恋しいと思われたりすると、顔に吹き出物やニキビが出てくるということ。
そこから、顔にニキビがある者を冷やかしたり恥ずかしがらせたりすることば。
「面瘡」は、毛穴をふさぐ黒い脂肪の固まりで、
「面皰」は、それに化膿菌がついて赤くなったもの。
恋心を抱くようになる年ごろと、発育盛りで性ホルモンの分泌が活発になりニキビが出やすくなる時期とが同じ頃の為、二つのことを結び付けたことば。





                                                             | 身体 病気 健康
【PR】