【PR】





門松は冥途の旅の一里塚


門松は冥途の旅の一里塚
かどまつはめいどのたびのいちりづか

「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」という一休宗純が遺したとされる言葉より。
正月を祝うための門松も、立てるごとに一つ年を取るのだと思えば、あの世へ近づく旅の一里塚のようなもの。
そう考えると門松はめでたいものではないということ。
「門松」は、正月に家の門前などに立てられる正月飾りのことで、歳神(としがみ)が下界に降りてくるときの目じるしとされている。
「冥途」は、仏教語で死者の霊魂の行く世界。あの世。冥界。冥土。
「一里塚」は、一里(約四キロメートル)ごとの里程を示す塚のこと。





                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】