【PR】





親の因果が子に報う


親の因果が子に報う
おやのいんががこにむくう

親が悪業(あくごう)を重ねると、罪の報いをその子供が受けることになり苦しむということ。
また、罪もないわが子を不幸にさせたくないなら、ただちに悪業をやめよという意味もある。
「因果」は、仏教の教えで、前世のあるいは 過去の悪業の報いとして現世の不幸があるとする考え。






                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】