【PR】





櫂は三年櫓は三月


櫂は三年 櫓は三月
かいはさんねん ろはみつき

櫂の使い方を覚えるには三年かかり、櫓の使い方を覚えるには三ケ月かかるということで、櫓の使い方に対して、櫂の使い方の難しいことを言ったことば。
同じようなものであっても難易度が違うため、習得にかかる時間には差があるということ。
また、なにごとにも技術を習得するにはそれ相応の期間が必要だということ。
類義語、棹は三年櫓は三月/櫓三年に棹八年/首振り三年ころ八年





                                                             | 芸術 芸能
【PR】