【PR】





十八番


十八番
おはこ

その人の最も得意とする芸や技のこと。
元来は「御箱」の意で、歌舞伎の市川家がお家芸とする当たり狂言を歌舞伎十八番と言い、その台本を箱に入れて秘蔵したことから。
なお、ふつうに音読して「じゅうはちばん」ともいう。





                                                             | 芸術 芸能
【PR】