【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 学問 努力 修行 > 嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず



嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず


嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず
かこうありといえどもくらわずんばそのうまきをしらず

何事も自分自身で体験してみなければ、そのものの値打ちやすばらしさはわからないというたとえ。
「嘉肴」は、旨い料理のこと。
どんなに旨いごちそうがあっても食べてみなければ、その旨さはわからないの意から。
すぐれた道も、実際に学んでみないことには、その素晴らしさを知り得ることはできないということ。
また、すぐれた人物も登用してみなければ、その能力を計ることはできないということ。





                                                             | 学問 努力 修行
【PR】