【PR】





火事後の火の用心


火事後の火の用心
かじあとのひのようじん

火の用心は火事を起こさないためにするものであり、火事の後では手遅れということから、時機に遅れて間に合わないことのたとえ。
また、時機を逃してからでは何をしても意味がないということで、やるべきことがあるならすぐに行動せよ、ぐずぐずして手遅れになったのでは遅すぎるという戒めの意もある。
同義語、焼けた後の火の用心
類義語、諍い果てての乳切り木/生まれた後の早め薬/
葬礼帰りの医者話/六日の菖蒲十日の菊
対義語、暮れぬ先の提灯





                                                             | 成功 失敗
【PR】