【PR】





猿猴が月を取る


猿猴が月を取る
えんこうがつきをとる

猿が木の下にある水面に映った月を取ろうとしたが、
ぶらさがっていた枝が折れて水の中に落ちて死んでしまったという故事から。
分不相応のことをして大失敗することのたとえ。
身の程を知らない行為は災難のもとだということ。
また、ばかな事をして身を滅ぼすことにもいう。
「猿猴」は猿類の総称。
同義語、猿猴が月に愛をなす/猿猴の水の月/猿猴捉月





                                                             | 成功 失敗
【PR】