【PR】





隗より始めよ


隗より始めよ
かいよりはじめよ

何事も手近なところから手をつけるべきだということ。
また、まず言い出した人が率先して実行するべきだということ。
「隗」は、中国戦国時代、燕の昭王に仕えた家臣「郭隗(かくかい)」のこと。
王が賢者を招く方法を隗に尋ねたところ、すぐれた人物を招きたいと思ったら、馬の骨のようなつまらない私を重用することから始めるのがよい。
そうすれば、隗のようなものでも重用されるのならと、すぐれた人物が続々と集まってくる、と答えたという故事から。

なお、単に一から始めること、あるいは一から出直すことではない。





                                                             | 勘違い 誤用
【PR】