【PR】





遅かりし由良之助


遅かりし由良之助
おそかりしゆらのすけ

待ちかねていたのに、時機に遅れて間に合わず、用を成さないときに残念がって使うことば。
歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」の一場面より。
塩谷判官(えんやはんがん)は切腹の前に無念の思いを大星由良之助(おおぼしゆらのすけ)に伝えたくて到着を待ちかねていたが、なかなか現れないのでついに腹を切ってしまう。
そのとき遅れてかけつけてきた由良之助に、まだかろうじて息のある塩谷判官が苦しみながらいったせりふから。

なお、忠臣蔵で知られる浅野家の家老は大石良雄、通称 内蔵助(くらのすけ)であることから、
「遅かりし内蔵助」といいがちだがそれは誤り。
歌舞伎が元になっているので「遅かりし由良之助」というのが正しい。





                                                             | 勘違い 誤用
【PR】