【PR】





お先棒を担ぐ


お先棒を担ぐ
おさきぼうをかつぐ

よく考えもせずに人の手先になって行動したり、軽々しく騒いだりすること。
また、権力者に取りいって、その手先になって働くことのたとえで、
よい意味で用いることはない。
「先棒」は駕籠(かご)の棒を前で担ぐ人のこと。

なお、駕籠の前を担ぐ様子から、先頭立って仕事をすることの意味と混同しがちだがそれは誤り。
その場合は「率先垂範(そっせんすいはん)」があり、また、人のために喜んで働くという意味なら「一肌脱ぐ」がある。
さらに、似たようなことばで、「片棒を担ぐ」があるが、この場合は自分の意思で仲間に加わっているので意味が異なることば。





                                                             | 勘違い 誤用
【PR】