【PR】





一姫二太郎


一姫二太郎
いちひめにたろう

子供は最初に女の子、二番目に男の子を生むのがよいということ。
女の子の方が育てやすいし病気にもなりにくいのが一般的で、
少し大きくなると手伝いをするから、母親にとってよいことから。
また、跡継ぎとなる男の子を望んでいたのに、
女の子が生まれて失望しないための慰めの意味でも使う。

「子供を生むなら、女の子が一人に男の子が二人の三人が理想的」
という意味ではない。
同義語、一姫二太郎三太郎/一姫二太郎三にゃ鬼が出る





                                                             | 勘違い 誤用
【PR】