【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 国家 社会 世間 > 男は敷居を跨げば七人の敵あり



男は敷居を跨げば七人の敵あり


男は敷居を跨げば七人の敵あり
おとこはしきいをまたげばしちにんのてきあり

社会に出て働く男には、
競争相手や対立する者が大勢いるということ。
男が世の中で仕事や活動をする時の心得をいう。
「七人」は、数の多いことをいう。
同義語、家を出ずれば七人の敵あり/
男子家を出ずれば七人の敵あり/
門を出ずれば七人の敵あり/敷居を跨げば七人の敵あり
類義語、雨垂れ落ちは三途の川
反対語、女は敷居を跨げば七人の友あり




                                                             | 国家 社会 世間
【PR】