【PR】





鬼の居ぬ間に洗濯


鬼の居ぬ間に洗濯
おにのいぬまにせんたく

上司や監督、先生など、気詰まりな人や怖い人を鬼にたとえ、
そのような人がいない間に思う存分気晴らしをし、楽しもうということ。
「洗濯」は「命の洗濯」のことで、
日頃の苦労から解放されて気ままに楽しむこと。
同義語、鬼の居ぬ間の洗濯/鬼の来ぬ間に洗濯/
鬼の留守に洗濯/命の洗濯/鬼の居ぬ間に命の洗濯
類義語、鬼の留守に豆拾い/鬼の留守に豆を炒る




                                                             | 神 鬼 竜 閻魔
【PR】