【PR】





飢えては食を択ばず


飢えては食を択ばず
うえてはしょくをえらばず

飢えに苦しんでいる者は、どんなに粗末な食物であっても、
また嫌いな食物であっても、より好みせずに食べるということ。
そこから、困っている者は、ちょっとした親切でも喜んだり、
悪政に苦しんでいる人民は些細な善政にも喜ぶという
意味でも使われる。
類義語、空腹にまずいものなし/ひもじい時にまずい物なし




                                                             | 国家 社会 世間
【PR】