【PR】





有為転変は世の習い


有為転変は世の習い
ういてんぺんはよのならい

この世の中はまことにはかなく、
すべてが激しく移り変わってとどまらないものだということ。
「有為」は、仏教語で、さまざまな因縁によって出来上がった
この世の物事一切をいう。
「習い」は、世の中の常という意。
類義語、移れば変わる世の習い/昨日の淵は今日の瀬/
世の中は三日見ぬ間の桜かな




                                                             | 国家 社会 世間
【PR】