【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 国家 社会 世間 > 一葉落ちて天下の秋を知る



一葉落ちて天下の秋を知る


一葉落ちて天下の秋を知る
いちようおちててんかのあきをしる

一葉は、梧桐(あおぎり)の葉のことで、
大きな葉が他の木より早く落ちる。
その一葉が落ちるのを見て秋の季節の訪れを察すること。
(転じて)
わずかな前兆によって、
やがて来るであろう大事を察することのたとえ。
同義語、一葉秋を知る/一葉の秋/桐一葉(きりひとは)
類義語、霜を履んで堅氷至る




                                                             | 国家 社会 世間
【PR】