【PR】





一文高の世の中


一文高の世の中
いちもんだかのよのなか

世間は少しでも多くの財産を持つ者を偉いとされる。
人間万事金の世の中で、
成功するとは金を握ることとさえ思われており、
金さえあれば馬鹿でも賢く見られ、若くても偉く思われる。
一文でも多く持っている者が尊敬され、その高で順位づけられる。
類義語、商人は一文高/金に頭を下げる




                                                             | 国家 社会 世間
【PR】