【PR】





軍見て矢を矧ぐ


軍見て矢を矧ぐ
いくさみてやをはぐ

戦いが始まってから矢を作り出すという意味で、
何か事が起こってから慌てて対策を講じたり、
準備したりする愚かさをいう。
目前に必要が迫ってから行動したのでは手おくれだというたとえ。
「矧ぐ」は、矢竹に羽をつけて矢を作ること。
同義語、鹿を見て矢を矧ぐ/敵を見て矢を矧ぐ
類義語、盗人を見て縄を綯(な)う/泥棒を捕らえて縄を綯う




                                                             | 戦闘 防御 策略
【PR】