【PR】





小田原評定


小田原評定
おだわらひょうじょう

大勢の人々が集まって相談しても、
あれこれと意見が出るだけでまとまらず、
いっこうに結論が出ないこと。
天正十八年(1590)相模小田原城の北条氏康が
豊臣秀吉に攻められ、
戦いを続けるのか和睦すべきかを連日評議を行ったが、
意見が出るばかりでいつまでも決定せず、
ぐずぐずしているうちに滅ぼされてしまったことから。
また、その意見の内容の低さを皮肉ってもいう。
同義語、小田原評議/小田原談合/小田原相談




                                                             | 人物 人々 群集
【PR】