【PR】





一目置く


一目置く
いちもくおく

自分より優れた人に敬意を示すこと。
また、敬意の印として一歩譲って遠慮すること。
囲碁では弱い方が勝負を始める前に先に盤上に
石を一つ(一目)置くことから。
相手を評価する意味合いがあるので、
目上の人に対して使うのは失礼にあたる場合がある。
同義語、一目も二目も置く




                                                             | 尊敬
【PR】