【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 尊敬 > 仰いで天に愧じず



仰いで天に愧じず


仰いで天に愧じず
あおいでてんにはじず

心にやましいところがなければ、
天に対しても少しも恥じることがないということ。
よく身を修め、恥じることが何一つない公明正大な心のこと。
「孟子」の「仰いで天に愧じず、俯して人に愧じず」による。
類義語、「俯仰(ふぎょう)天地に愧じず」




                                                             | 尊敬
【PR】