【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 季節 > 梅一輪一輪ほどの暖かさ



梅一輪一輪ほどの暖かさ


梅一輪一輪ほどの暖かさ
うめいちりんいちりんほどのあたたかさ

梅の蕾が一つ、また一つと日ごとに花開くのがふえていき、
まだ寒い中に、ほんのり春の気配を感じさせることば。
芭蕉の弟子の服部嵐雪(はっとりらんせつ)の句




                                                             | 季節
【PR】