【PR】





意到りて筆随う


意到りて筆随う
いいたりてふでしたがう

優れた詩や文章が思うままに、すらすらと書けるようす。
文章を書くとき、なかなか思うように筆が進まないものだが、
心にこう書きたいと思えば、筆がそのように動いてくれるということ。




                                                             | 芸術 芸能
【PR】