【PR】





晏子の御者


晏子の御者
あんしのぎょしゃ

他人の権威によりかかって得意になること。
「晏子(あんし)」は、中国、春秋時代の斉(せい)の宰相(さいしょう/中央政府の最高責任者で、皇帝を輔佐するもの)。
「御者(ぎょしゃ)」は、馬車の前部に乗って馬を操り、馬車を走らせる人のこと。
晏子の御者が、当時宰相であった晏子の馬車の御者であることを得意にしていたのを、その妻が恥じて離縁を求めた。
御者は大いに恥じて精励し、その後、晏子に認められて大夫に出世したという故事から。




                                                             | 人物 人々 群集
【PR】