【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 時間 速さ 歳月 > 往事渺茫としてすべて夢に似たり



往事渺茫としてすべて夢に似たり


往事渺茫としてすべて夢に似たり
おうじびょうぼうとしてすべてゆめににたり

過ぎて行ってしまったことは遥かかなたのことで取り留めがなく、
まるで夢でも見ているように思えるということ。
「往事」は過ぎ去った昔のこと。
「渺茫」は遠くはるかで果てしないこと。




                                                             | 時間 速さ 歳月
【PR】