【PR】





過ちを観て仁を知る


過ちを観て仁を知る
あやまちをみてじんをしる

人はその人となりによって、過失の内容が違ってくる。
もしその過失が、本人の誠実さから出たものであれば、
むしろ過失を犯したその人自身が仁者であることを知る。
人が過失を犯したときは、十分に観察することが大切である。
「仁」は、他を思いやる心が強いという特質。




                                                             | 良い性格 長所
【PR】