【PR】





優曇華の花


優曇華の花
うどんげのはな

きわめて稀(まれ)な出来事のたとえ。
「優曇華」はインドの想像上の植物で、
三千年に一度だけ開花することから。
また、「優曇華の花待ち得たる心地」ともいい。
優曇華が開花する時に、仏が現れる、あるいは、
金輪王(こんりんおう・全世界を領する理想の聖王)が
出現すると伝えられていることから、
待ちに待った幸運にめぐり合うことにもいう。
なお、イチジクの一種や芭蕉の花、
昆虫のクサカゲロウの卵も優曇華と呼ばれる。
類義語、盲亀浮木




                                                             | 運が良い 幸福 果報
【PR】