【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 時間 速さ 歳月 > 一寸の光陰軽んずべからず



一寸の光陰軽んずべからず


一寸の光陰軽んずべからず
いっすんのこういんかろんずべからず

人の一生は短いものだから、
少しの時間でも無駄に過ごしてはいけない。
また、寸暇を惜しんで勉学に励めということ。
「光陰」は時間。「光」は昼、日、「陰」は夜、月の意味。
朱熹(しゅき)の
「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」から。
類義語、光陰矢の如し/光陰人を待たず/歳月人を待たず




                                                             | 時間 速さ 歳月
【PR】