【PR】


逆引き 故事 ことわざ 慣用句 > 場所 > 稲荷の前の昼盗人



稲荷の前の昼盗人


稲荷の前の昼盗人
いなりのまえのひるぬすびと

神をも恐れぬ不届き者のことをいう。
真白昼に、参詣に来る人で込みあう稲荷神社の賽銭箱を荒らしたり、
人の物を盗んだりして平気でいる悪人の、神罰を恐れぬ図々しさと悪業をいったもの。
類義語、寺の隣にも鬼が住む/仕置場の巾着切り




                                                             | 場所
【PR】