【PR】





打たれても親の杖


打たれても親の杖
うたれてもおやのつえ

親が子を杖で打つのは、
その子を正しく導きたいと思う愛情からであって、
手荒いようだが憎しみは無いという意味。
子を打つ杖には親の慈愛がこもっているのだから、
子は感謝すべきだということ。
類義語、親の打つ拳より他人の撫でるほうが痛い/
親は打たるる杖もゆかしい/打つも撫でるも親の恩/
叱るも親の慈悲




                                                             | 良い心境 感情
【PR】