【PR】





牛に引かれて善光寺詣り


牛に引かれて善光寺詣り
うしにひかれてぜんこうじまいり

人に連れられてある場所にたまたま行くこと。
また、人に誘われてよいことをするたとえ。
長野県の善光寺近くに住む不信心の老婆がいた。
ある日、干していた布を、牛が角で引っ掛けて走り出すのを見て、
その牛を追って知らぬ間に老婆は善光寺にたどり着いた。
それが機縁で信心深くなったという故事から。




                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】