【PR】





鰯の頭も信心から


鰯の頭も信心から
いわしのあたまもしんじんから

第三者の目からはつまらない物でも、
信仰する人にとっては神であり、ありがたく見えるということ。
いわしの頭など捨てるようなつまらない物でも、
信仰すればありがたく思えるようになってくるということで、
信仰心の不思議さをたとえたことば。
平安時代の風習で、節分の夜に鰯の頭をひいらぎの枝にさして
門口に置くと悪鬼を払うと信じられていたことから。
「頭」は「かしら」とも読む。
同義語、鼻糞も尊みがら
類義語、竹箒も五百羅漢




                                                             | 神仏信仰 宗教 道徳
【PR】