【PR】





命より名を惜しむ


命より名を惜しむ
いのちよりなをおしむ

命を惜しんで辱めを受けたり、不名誉な生き方をするより、
名誉を重んじて潔く命を捨てたほうがよいということ。
命よりも名誉を重んじる武士道の精神を表わしたことばで、
戦国大名の長宗我部 元親(ちょうそかべ もとちか)の
初陣で言ったといわれる言葉、
「人は命よりも名を惜しむものぞ」から。
類義語、命は鴻毛より軽し/命は義に縁りて軽し
虎は毛を惜しみ武士は名を惜しむ




                                                             | 発想 思考
【PR】